こんにちは、やなぎ総合法務事務所です。
皆さんはご自宅の登記簿(今は全部事項証明書といいます)をご覧になったことはありますでしょうか?

法務局で登記簿を取ろうとしたら、住居表示でなく地番でお願いしますと言われ、
地番がわからなかったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

地番とは、おおざっぱに言えば、法務局が土地に付けた番号で、○○市△△××番地と表記されます。
登記簿はこの地番で表されます。

これに対して住所(正確には住居表示といいます)は、市町村が建物に付けた番号で、○○市××▲丁目△番●号と表記されます。
日頃郵便などでよく使うのはこちらですね。

昔は一致していたのですが、分筆合筆を繰り返すうちに地番で住所を特定することが難しくなり、住居表示が実施されるようになりました。

地番を知る方法はいろいろありますが、まずはご自身の権利証か固定資産税の納税通知書でご確認ください。
もしくは法務局に問い合わせれば調べてくれます。窓口で聞くか、電話でも教えてくれます。

皆さんも一度ご自宅の登記簿をご覧になってみてはいかがでしょうか?
さまざまな業務がございます。弊所では無料でご面談させて頂いておりますので、仕事終わりなどにもお立ち寄りいただけます。お気軽にご相談ください。
無料相談可能ですのでなんでもご相談下さい。

不動産取引による登記、相続登記など、無料相談を随時承っております。
司法書士業務(登記、裁判、債務整理、遺言、相続、後見など)
土地家屋調査士業務(表示登記、滅失登記など)
困った事やお悩みの事があれば、なんでもお気軽にご相談下さい。
弊社には、司法書士数名及び土地家屋調査士数名が在住しておりますので、様々な見解からのお客様に合う計画を検討し、より良いものへと変えてゆきます。安心してご相談下さい。
他にもまたセミナーを開催しますので詳しくはフリーダイヤルまたはEメールまでお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-021-462
info@yanagi-law.com

司法書士法人やなぎ総合法務事務所様