目次

1 はじめに

2 相続放棄とは

3 相続放棄の失敗例

4 まとめ

 

1 はじめに

今回は相続放棄の効果・意義・失敗例について解説させていただきたいと思います。なお、次回は相続放棄の方法・熟慮期間・期限について解説させていただく予定ですので、次回のブログもご覧になっていただけますと幸いです。

 

2 相続放棄とは

相続放棄は、亡くなった方の財産に対する相続権を一切放棄することをいいます。法律では「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。」とされています。具体的には被相続人の預貯金や不動産等のプラスの財産や借金等のマイナスの財産も相続することになります。相続放棄をした場合「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」となっています。つまり相続放棄をすると初めから相続人とならなかったみなされるためプラスの財産・マイナスの財産ともに相続することができないということです。

 

3 相続放棄の失敗例

ケース1 家庭裁判所に申述しなかった

法律では「相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない。」とされています。「相続を放棄する」旨を相続人の間で決めたとしても家庭裁判所に申述しなければ相続放棄がなされたことにはならないので注意が必要です。なお、申述の手続き内容は次回のブログで解説します。

 

ケース2 熟慮期間を徒過

相続放棄は自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にする必要があります。この期間を超えてしまうと、原則として相続放棄を行うことができなくなります。なお、熟慮期間について詳しくは次回のブログで解説します。

 

ケース3 法定単純承認に当たる行為をした

法律では以下の行為をした場合は相続の承認をしたとみなされます。これを法定単純承認といいます。①相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき(例外があります)②相続人が熟慮期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。③相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったときです。

 

ケース4 次順位の相続人が債務を相続してしまった

例えば亡くなった方の配偶者と子が相続放棄をした場合次順位の相続人である亡くなった方の父母、兄弟姉妹、甥姪等が相続することになります。亡くなった方に借金等があれば借金も相続することになってしまいます。

 

4 まとめ

今回は、相続放棄の効果・意義・失敗例についてみてきました。相続の規定は専門性が高く複雑であるため、調査漏れという事態を防ぐためにも、各種専門家にお願いすることが安全であると思われます。

 

司法書士法人やなぎ総合法務事務所では、相続に関するご相談や、ご依頼を数多く扱っており、実務においても手続きに経験豊富な司法書士、弁護士、行政書士、税理士、土地家屋調査士、相続診断士、CFP 等の専門家がご依頼の内容に全力で取り組みます。

また、弊所では大阪(阿倍野区・阿倍野、天王寺)、東京(渋谷区・恵比寿、広尾)事務所にて「無料相談・出張相談」も受け付けております。どんな些細なご相談も親身になり耳を傾け、どのようなご依頼でもお客様のご希望、目的に近づけるよう励みます。お気軽にご相談、お問い合わせください。

「よくあるご相談」
相続、家族信託、民事信託、生前贈与、認知症対策、遺言書作成、遺産分割、相続放棄、不動産登記、名義変更、等数多くの書類作成、申請などをおこなっております。

相続サイト
所在地
  • 大阪市阿倍野区阿倍野筋三丁目10番1号 あべのベルタ 3009号
  • 東京都渋谷区東3-6-18 プライムハウス 203号
問い合わせ
その他
    • 受付時間 9:00 ~ 20:00
    • 土日祝日:10:00~18:00
    • 電話予約により時間外対応可能
司法書士法人やなぎ総合法務事務所運営の相続・家族信託相談所